不眠症とうつ病

不眠症はうつ病を引き起こし、うつ病は不眠症を引き起こします。この二つの疾患はとても深い相関をもっていて、切り離して考えることは出来ないといっても過言ではありません。
今回は、不眠症とうつの関係について触れていきたいと思います。

セロトニンとメラトニン

不眠症とうつ病にはセロトニンとメラトニンという二つのホルモンバランスが大きく関わっています。セロトニンはストレスによって減少します。セロトニンが減少することでうつ病などの精神疾患を発症し、それに伴ってメラトニンも減少させます。

メラトニンは睡眠ホルモンとも呼ばれ、人を眠りにつかせる効果のあるホルモンです。体温や脈拍を下げる働きがあり、睡眠には欠かせません。この二つのホルモンは同時に減少していってしまいますから、不眠症とうつ病が同時に発症することが多いのは当然のことなのです。

不眠症とうつ病を改善するには

不眠症とうつ病を発症するにはいくつかのケースが考えられますが、どちらもストレスが原因となってひきおこされる場合は非常に多いです。逆に言えば、ストレスさえ解消できれば不眠症もうつ病も改善できるというわけですが、これは中々難しい問題です。

何がその人にとってストレスとなっているかは、その本人にしか分からないものです。ある人にとってストレスとなっているものが、ある人にとっては何でもないことである場合もあります。ストレスを如何に解消するかは、個人個人の状況に合わせて対応するしかありません。

不眠症やうつ病に対して、薬による治療を試みるのは非常に有効な手段です。しかし、不眠症やうつ病と一言にいっても症状は様々ですから、薬にによっては逆効果となってしまう場合もあります。

変に尻込みせずに、思い切って専門医に相談してみましょう。五人に一人もの人々が、不眠に悩まされているのですから。

うつ病による不眠症は、早朝覚醒と中途覚醒が特徴的で、うつ病が比較的初期の状態から症状が見られることも多いようです。しかし、うつ病は心身に多種多様な健康被害を及ぼすものですから、不眠症の症状は見逃されてしまう場合もあります。初期の症状を見逃さず、正しい治療を試みましょう。

うつ・不眠でお悩みなら。全く新しいサプリ【セロトアルファ】

マインドガード
↑なかなか眠れないと悩んでいる方にオススメ!↑
→実際に買ってみたレビューはこちら

このページの先頭へ