不眠症と精神疾患

不眠症は様々な精神疾患をひきおこし、また精神疾患は不眠症をひきおこします。両者は非常に密接な関係にあり、どちらか一方にのみ該当する患者は少ないといえるかもしれません。今回は、不眠症と精神疾患の関係について触れていきたいと思います。

不眠症とうつ病

うつ病は、精神疾患の中でも、特に不眠症と併発することの多い病気です。うつ病患者の大半は不眠症を患っているともいわれ、切っても切れない関係にあるといえるでしょう。

うつ病にかかると、セロトニンという心の均衡をとるためのホルモンが減少します。そしてセロトニンが減少すると、睡眠にかかせないホルモンであるメラトニンも分泌されにくくなってしまうのです。うつ病による不眠は患者にとって非常に深刻なものになる場合が多く、避けうる限りは避けたいものです。

うつ病は心の風邪ともいいます。誰でもかかる可能性があるし、適切な対処をすれば治癒するものです。ですが、風邪は万病の元ともいいます。そのうち治るとたかをくくっていると、思わぬ大事になりかねません。しっかりとした治療が必要なのは、不眠症も心の風邪も同じことです。

うつ・不眠でお悩みなら。全く新しいサプリ【セロトアルファ】

不眠症と神経症

予期不安とよばれる神経症の症状も、不眠の大きな原因となります。予期不安は仕事でストレスを感じている人に多く見られ、「今夜も眠れないかもしれない……」、「眠れなかったら、明日の仕事はどうなるんだ」などといった、不安によるストレスが不眠症のきっかけとなるようです。

神経症による不眠症は、入眠障害は勿論、中途覚醒もひきおこします。神経症による不眠の場合、うつ病の薬は逆効果に働くこともあります。やはり専門医に相談し、原因を特定させてから治療に臨むべきでしょう。

統合失調症

統合失調症(精神分裂病)も、不眠と深い関わりがあります。統合失調症の初期症状は不眠といわれています。レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルが著しく狂い、穏やかな睡眠が不可能になってしまうからです。

強迫観念や強烈な不安感等の特徴的な症状が出るようになっても、不眠が収まることはありません。むしろそれらの症状と競合し、更に深刻な不眠症となってしまうようです。

マインドガード
↑なかなか眠れないと悩んでいる方にオススメ!↑
→実際に買ってみたレビューはこちら

このページの先頭へ