不眠症と日常生活への影響

不眠症による心身の不調は、日常生活にも様々な影響を与えます。今回は、不眠症による日常生活への影響について考えていきたいと思います。

食欲不振

不眠症によって極端に食欲が増すこともあれば、食欲不振の症状を引き起こすこともあり、不眠症患者を悩ませる大きな原因の一つとなっています。

不眠症が何故食欲不振を招くかといえば、不眠症が自律神経を失調させることに関係しています。消化器系は概ね副交感神経の支配下にあり、交感神経が優位に立っていると上手く働かないのです。不眠症に悩まされている方は、交感神経が優位に立っていることが多く、そのために食欲不振に陥っていることが多いようです。

消化器系のことを考えれば、無理に三食食べることは良い事とはいえません。内蔵の機能が低下しているわけですから、無理に食べ物を詰め込むことは消化器系に更なる負担をかけることに繋がってしまいます。

ですが、不眠症の症状は生活サイクルの乱れからも生じるものです。食欲が無い、胃腸が荒れているからといって何も食べないことは、不眠症を悪化させることになってしまうわけです。

このように、不眠症は食事にも大きな悪影響を与えているのです。不眠症により食欲が無くても、消化に良いものをよく噛み、少しずつ食べるなどして、なるべく生活のリズムを崩さないようにしましょう。

移動

日常生活において移動という行為は無くてはならないものです。人により距離の長短はあれど、何らかの移動無くして生活は成り立ちません。不眠症は、その移動という行為にも悪影響を与えます。

不眠症の症状の一つである倦怠感や疲労感は、それだけで家の中を移動する気力すら削ぐものです。しかし、本当に恐ろしいのは外出中、移動中にやってくる眠気です。不眠症患者の中には、昼夜逆転の生活を送っている人も多く、日中堪えがたい眠気に襲われる人も居ます。

しかし、24時間営業の店舗でなければ、夜間は営業していないもの。銀行や郵便局に用事があっても、深夜ではどうにもなりません。眠気をおして外出し、移動中眠気に耐え切れず事故を起こしてしまうケースもあります。このように移動にも多大な悪影響を及ぼすのです。

マインドガード
↑なかなか眠れないと悩んでいる方にオススメ!↑
→実際に買ってみたレビューはこちら

このページの先頭へ