妊婦の不眠症について

妊娠に伴う不眠の症状は、多くの妊婦さんの頭を悩ませているようです。妊娠初期、妊娠後期ともに異なる不眠症の症状が現れることもあり、妊娠と不眠症は複雑な関係にあるようです。今回は、妊娠中の不眠症について触れていくことにしましょう。

妊娠初期

妊娠初期には、不眠症がつきものです。特に初めての妊娠の場合、妊娠という行為そのものに対する不安もあり、深刻な不眠症に悩まされる場合もあるようです。妊娠初期は各種ホルモンバランスの乱れが著しく、特にプロゲステロンというホルモンの過剰分泌は、ダイレクトに不眠に関わってきます。

プロゲステロンには睡眠作用があります。それだけ聞くとむしろ不眠症に効果的であるように思えるかもしれませんが、プロゲステロンには基礎体温を上げる効果や、利尿効果もあるのです。

人は体温が高いと上手く眠ることが出来ません。また、利尿行為は中途覚醒に繋がります。これらの要素が組み合わさることで、常に眠気はあるのに寝付きにくく、やっと眠っても頻繁に目を覚ましてしまうという、典型的な不眠症のパターンに陥ってしまうのです。

妊娠後期

妊娠後期になると、妊婦さんの頭を悩ませていたプロゲステロンの過剰な分泌はやや収まります。しかし、これで不眠症が治るかといえば、そうではありません。今度はエストロゲンというホルモンが過剰に分泌されるようになり、これも穏やかな眠りを妨げる原因となることがあるのです。

エストロゲンは血管を健康な状態に保ってくれたり、カルシウムの生成を助けることで骨粗鬆症を予防したりと、健康に無くてはならないホルモンであるのですが、過剰に分泌されると睡眠には悪い影響を与えます。エストロゲンは睡眠と深い相関にある自律神経をコントロールする働きもあり、これが過剰に増減することはその乱れを意味します。

また、妊娠後期になると胎動が激しくなったり、寝返りが思うようにうてなくなったりします。入眠障害や中途覚醒は更に激しさを増し、穏やかに長時間睡眠をとることがますます難しくなってきます。

妊婦のための不眠対策

テレビなどを見ない

基本的に寝る数時間前ぐらいからはテレビやPCを見ないようにして下さい。テレビやPCは交感神経を刺激します。交感神経が刺激されると体が緊張状態になるため、眠りにくくなります。

カフェインを取らない

これは基本ですね。興奮状態になりますので、当然眠れなくなります。暖かいものを飲みたいのであれば、ホットミルクなどがおすすめです。逆に冷たい飲み物も駄目です。

横向きでも負担にならない妊婦専用のマットを利用する

妊娠後期になると、仰向けで寝るのはさすがに無理なので、横向き(シムス)の体位で寝ますよね。この時普通のマットだと腰に負担がかかり、腰痛の原因にもなってしまい、寝付きが悪くなってしまいます。こういう場合は妊婦専用のマットの利用を考えてみましょう。妊婦さん専用に開発されているだけあり、睡眠の悩みを軽減してくれます。こういった寝具に気をつけることは非常に重要です。


「ぐっすり眠れない」妊婦さん&育児ママに朗報!
今お使いの敷きふとん・べっド(マット)の上に敷くだけ!!

動画などで使い方も詳しく解説されていますので、一度見て見ることをおすすめします。

マインドガード
↑なかなか眠れないと悩んでいる方にオススメ!↑
→実際に買ってみたレビューはこちら

このページの先頭へ