不眠症が肉体へ及ぼす影響

不眠症は、人体に様々な影響を及ぼします。それらはどれもプラスに働くことはなく、健康に害となるものがほとんどです。今回はそんな不眠症が肉体へ及ぼす影響について見ていきたいと思います。

倦怠感

不眠症患者は、慢性的な倦怠感を覚えがちです。何かとだるくて、やる気が起きない。誰でもそんな倦怠感を感じることはありますが、不眠症患者にとっては日常的なものなのです。その影響は深刻といえるでしょう。

不眠症により質の高い睡眠が取れず、心身の疲れがとれないことが大きな原因となっているようです。

居眠り

不眠症に悩まされている人は、夜中にしっかりとした睡眠ができていないことが原因で、日中に酷い睡魔に襲われることも多いようです。仕事中にうとうとしてしまうと、自分の仕事が上手くいかないばかりか、周囲にも良い印象を与えません。

また、深刻な不眠症患者の場合、その居眠りも質の高いものにはなりにくく、眠気がすっきりと解消されることは少ないようです。

頭痛

不眠症患者は、慢性的な頭痛に悩まされていることも多いようです。不眠症と頭痛はお互いがお互いを悪化させる関係にあります。充分な睡眠がとれないことにより頭痛が酷くなり、頭痛が酷くなることにより当然眠りも遠ざかっていきますから、深刻な悪循環といえるでしょう。

動悸

不眠に伴う自律神経系の異常により、酷い動悸に悩まされている人も多いようです。心臓疾患の可能性もあり、その場合動悸が原因で不眠症になってしまうこともあるようです。

昼夜逆転

不眠症患者の中には、睡眠相後退症候群を発症しているものも居ます。この睡眠相後退症候群はいわゆる昼夜逆転をひきおこし、朝の一般的な起床時間に起きることが非常に困難になってしまいます。

睡眠相後退症候群は、通常の社会生活を送る上でマイナスに働くことが多く、周囲から「生活リズムが安定していない」と非難の目を向けられがちです。そのことが更なるストレスの原因となり、不眠症を加速させてしまうこともあるようです。

以上のように、不眠症が肉体へと及ぼす影響はどれも健康を損なうものばかりのようです。

マインドガード
↑なかなか眠れないと悩んでいる方にオススメ!↑
→実際に買ってみたレビューはこちら

このページの先頭へ