不眠症になりやすい人とそうでない人

同じような生活を送っていても、不眠症になりやすい人とそうではない人(なりにくい人)がいます。今回は、この違いがどこからきているのかについて考えていきたいと思います。

性格の違い

繊細で生真面目な人ほど、不眠症になりやすい傾向にあるようです。一つの出来事に対して、完璧に対処を終えるまで悩みぬいてしまう人は、ストレスを溜め込みがち。結果として不眠症を招いてしまうようです。

布団に入っても、その生真面目さ故に「明日の仕事に差し支えるから、早く眠らなくては」と考えてしまう。そうすると当然交感神経が刺激されてしまい、睡眠から遠ざかってしまう。そうしてどんどん不眠症が進行してしまうようです。

一概にそうとはいえませんが、よく言えば大らか、悪く言えばずぼらな人ほど、不眠症になりにくい傾向にあるようです。また、交感神経は興奮状態のときに強く働き、そう簡単には収まりません。日中、過剰に興奮すると、夜まで交感神経が強く働いたままの場合もあります。よって、日頃から些細なことにも怒りを感じてしまう人も、不眠症になりやすい性質といえるでしょう。

肉体労働か頭脳労働か

肉体的な疲労は、睡眠の質と密接な関係があります。デスクワークで精神的には充分に疲れていても、肉体的な疲労を伴わない場合は睡眠の質が落ちます。運動不足は不眠症、特に熟眠障害を招きがちです。日々肉体労働で身体的な疲労をおぼえている人は、そうでない人に比べて不眠症になるケースが少ないようです。

デスクワークで疲れて帰宅して、それから身体を動かすのは億劫でしょうが、お風呂上りに軽く体操などをすると、睡眠の質が上がるようです。

趣味・嗜好

カフェインを多く含むものや、スポーツや格闘技の観戦を好む人は、そうでない人に比べて不眠症になりやすいようです。これらは交感神経を刺激することで人を興奮状態にするので、決して深い睡眠に適しているものとはいえません。

ボクシングやK‐1の試合を見ていたら、深夜にもかかわらず身体を動かしたくなってしまったことは、男性なら一度くらい覚えがあるのではないでしょうか。

マインドガード
↑なかなか眠れないと悩んでいる方にオススメ!↑
→実際に買ってみたレビューはこちら

このページの先頭へ