春夏秋冬の不眠症対策に良い食事

不眠症を改善する為に効果的なのは、適度な運動と規則的な食事です。どちらも体内時計を整え、睡眠を促す効果があります。食事には季節ごとに適した種類、方法があります。今回は、各季節に沿った不眠症対策のためのおすすめメニューを紹介していきたいと思います。

春の食事

春には不眠症に効果的な多くの食物が旬を迎えます。幾つかの食材を例に挙げてみましょう。

春キャベツ

春キャベツは不眠症を改善する上で特におすすめの食材です。冬キャベツと違い柔らかな食感は、サラダに最適。催眠作用と鎮静作用を持つキャベツは、副作用のリスクもなく眠りに誘ってくれます。

菜の花

菜の花もはカルシウムを多く含み、気持ちを落ち着かせてくれます。しかし、カルシウムを摂取するだけでは吸収率が低くなってしまいます。同時にマグネシウムも摂取することでその吸収率を格段に上げることができますから、工夫して摂取するようにしましょう。

マグネシウムを多く含む食材には、かぼちゃの種などが挙げられます。天日にさらして油で揚げるなど、一手間加えて食材にしてしまいましょう。

夏の食事

気温が高くなることで、寝苦しさも増してしまう夏。しかし、夏だからこそできる不眠症対策の食事もあります。

アジ

夏が旬のアジが含むビタミンB2やエイコサペンタエン酸は、不眠症と併発しやすい肥満や生活習慣病におおきな効果を発揮します。肥満や生活習慣病が原因となって不眠症を深刻化させることもありますので、これを防ぐことは不眠症対策としても非常に意義のあることです。

モロヘイヤ

モロヘイヤは不眠症対策として非常に価値のある栄養素を多く含んでいます。カルシウムは精神を落ち着かせ、その吸収を助けるマグネシウムもたっぷり。ビタミンB群も豊富で、不眠症対策にはもってこいの食材といえるかもしれません。

秋の食事

夏の暑さが和らぎ、食欲も増してくる秋。程よい気温に運動への意欲も高まります。

しいたけ

秋が旬のしいたけには、ビタミンDやエリタデニンといった不眠症対策や生活習慣病に効果的な栄養素が含まれています。ビタミンDはカルシウムの吸収を助けることで精神を落ち着かせてくれますし、エリタデニンは血中のコレステロールを低下させ、生活習慣病を予防します。

春菊

春菊は様々な栄養素を豊富に含み、不眠症対策としても優秀な食材です。ビタミンB群はやカルシウムは不眠症や生活習慣病に効果を発揮し、豊富な食物繊維には整腸作用があります。胃腸が荒れることで不眠症の原因となる場合もありますから、食物繊維の摂取も不眠症対策として有効であるといえます。

秋刀魚

秋刀魚は前回紹介したアジと同じく青魚で、秋に旬を迎えます。その栄養素も似通っていて、ビタミンB2やエイコサペンタエン酸等、不眠症に効果的なものが豊富に含まれています。

また、ドコサヘキサエン酸は血中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減少させる働きがあり、不眠症と深い相関のある生活習慣病の対策としても効果を発揮します。

冬の食事

気温が低くなり、外に出るのが億劫になる冬。運動量が減ることで肥満につながりがちで、不眠症対策をするには向きそうもない季節です。しかし、冬ならではの食材には不眠症に効果的なものも多いです。

白菜

冬が旬の白菜には不眠症に効果的な栄養素が豊富に含まれています。カルシウム、マグネシウムには精神を落ち着かせる効果があり、イソチオシアネートという成分は血液を浄化し、消化を助ける作用があります。生活習慣病を予防する意味でも、価値の高い食材といえるでしょう。

小松菜

小松菜にも不眠症対策として優秀な効果があります。カルシウムやカリウム、食物繊維などを多く含み、穏やかな睡眠を助ける食材です。

また、小松菜はビタミンCも豊富で、風邪を予防する意味でも優秀です。寒い冬を乗り切る為の、心強い味方となってくれるでしょう。

マインドガード
↑なかなか眠れないと悩んでいる方にオススメ!↑
→実際に買ってみたレビューはこちら

このページの先頭へ