不眠症を改善する薬ってあるの?

不眠症は投薬によって治療できる場合もあります。健康な人にとっては馴染みの無い不眠症の薬ですが、実際に不眠症に悩まされている方にしたら大いに感心のあるところでしょう。今回は、不眠症を改善する薬についていくつか触れていきたいと思います。

ハルシオン

ハルシオンはベンゾジアゼピン系の寝つきを良くするための薬で、睡眠薬として広く服用されています。重い副作用もないため、不眠症の治療にもこの系統の薬が使われることが多いようです。

個人差はあるようですが、翌日に倦怠感や脱力感を覚えることもあるようです。用法、用量を守らず勝手に量を増やしたりすると、依存症に近い症状が現れるようですので、必ず守るようにしましょう。

ロゼレム

2010年4月に承認を取得した、比較的新しい薬がロゼレムです。その効能も革新的で、鎮静作用や抗不安作用をもちません。ロゼレムはメラトニンという、体内時計の調節を担っているホルモンの受容体に働きかけることにより、睡眠のスイッチを入れ、自然な睡眠をもたらします。

直接的に睡眠に作用する薬と比べれば、あまり強い薬とはいえないでしょう。しかし、その分ハルシオンなどのベンゾジアゼピン系の薬に見られる副作用もほとんど無いようです。

ラボナ

古くから麻酔薬としても用いられているのが、バルビツール系鎮静麻酔薬のラボナです。深刻な不眠症に用いられることのあるこのラボナの効能は非常に強力で、その催眠作用は屈指のものです。

ですがその分副作用も強めで、依存症による幻覚に悩まされる人もいるようです。また、肝臓へのダメージも大きいので、人を選ぶ薬といえるかもしれません。ベンゾジアゼピン系と比べると良くも悪くも効能が激しすぎるため、近年は不眠治療に用いられることは少なくなっているようです。

以上のように、不眠症を改善する薬は複数存在します。しかし、「これさえあれば絶対に治る」という薬はありません。同じ不眠症の薬でも、症状によって適合したものを服用しなければ逆効果と成ることもありますし、強力すぎる薬は依存症をひきおこすこともあります。

処方箋を含めた適切な対応こそが、不眠症に対する「特効薬」といえるでしょう。

マインドガード
↑なかなか眠れないと悩んでいる方にオススメ!↑
→実際に買ってみたレビューはこちら

このページの先頭へ