もし不眠症になってしまったら

不眠症のリスクは、仕事や日常生活の中に数多く潜んでいます。注意深く避けようとしても、その全てを避けきれるものではありません。特に、社会生活を送るにあたってストレスと無縁ではいられないものです。

五人に一人が不眠症に悩まされている現代では、いま穏やかに眠れているからといって、明日も同じとは限りません。今回は、もし不眠症になってしまったら、どのような行動をすればいいのかに触れていきたいと思います。

適度な運動を試みる

日常的に運動不足なようならば、適度な運動は不眠症の改善に素晴らしい効果を発揮します。身体にある程度の疲労を溜めることは、入眠の大きな助けとなります。中でも有酸素運動は不眠症対策として非常に効果的です。

激しい運動は、交感神経を刺激することで睡眠の妨げとなることもありますが、適度な有酸素運動ならその心配もありません。ジョギングやウォーキングを日中にしておくことは、不眠症を改善する上で効果的なことです。

加えて、有酸素運動には肥満等の生活習慣病を予防する点でも重要な意味を持っています。生活習慣病は不眠症と密接な関わりをもっていますから、これを防ぐのも立派な不眠症対策といえます。

寒さから、屋外での有酸素運動をあまりしたくない冬は、踏み台昇降やストレッチで代用することも可能です。季節を問わず有酸素運動を試みて、不眠症を改善しましょう。

専門医に相談する

いい加減な知識で市販の睡眠薬を服用したりすることは、不眠症にかえって悪影響を与える場合もあります。加えて、一人で悩みを抱えていると、心細さも増してゆき、更なるストレスの原因にもなるものです。五人に一人もの人数が不眠症に悩まされているのですから、何ら躊躇することはありません。専門医に相談してみましょう。

「たかが不眠症くらいで……」と思われる方もいるかもしれませんが、不眠症は深刻化すれば日常生活すらままならなくしてしまう可能性を秘めています。二の足を踏まず、専門医の適切なアドバイスを受けるのも重要なことです。

マインドガード
↑なかなか眠れないと悩んでいる方にオススメ!↑
→実際に買ってみたレビューはこちら

このページの先頭へ