不眠症が仕事へ及ぼす影響

不眠症は日常生活に様々なデメリットをもたらし、それは仕事をする上でもかわりません。睡眠不足や精神疾患、投薬による副作用。今回はそういった、不眠症が仕事へ及ぼす影響について触れていきたいと思います。

睡眠不足

不眠症による睡眠不足は、人体に様々な悪影響を及ぼします。もっとも分かりやすいのは集中力の低下で、これは仕事をする上であらゆるミスの原因となります。また、睡眠不足によりホルモンバランスが崩れ、些細なことにも憤りを感じてしまうようになります。

会社での人間関係は重要です。不眠症が原因で、その人間関係にもヒビが入りかねません。日中眠気に負けてしまって、うとうとしている様は、頑張って仕事をしている人にとって快いものではありません。

精神疾患

不眠症のもたらす精神疾患は、心身の健康面だけでなく、仕事にもマイナスに働きます。うつ病にかかれば気分が滅入り、仕事にも関心がもてなくなります。酷い無気力感はあらゆるやる気を削ぎ、まともに仕事をさせてくれません。

精神分裂症が進めば、仕事どころか日常生活すら不自由することになります。幻覚、幻聴に苛まれた状態での車の運転など、この上なく恐ろしいことです。

神経症による自信の喪失も、仕事に大きな悪影響を及ぼします。どんな仕事でも慎重になるのは重要なことですが、根拠も無く臆病になるのは作業を円滑に進める上での妨げとなります。

投薬による副作用

不眠症を改善する為の薬を服用したことによって、かえって仕事がままならなくなる場合もあります。副作用の症状である倦怠感や脱力感は、仕事への意欲を無くしますし、強い薬を服用すると、副作用として幻覚、幻聴に悩まされることもあります。こうなっては、仕事どころではありません。

不眠症を治すための薬により、かえって日常生活に支障をきたしてしまうこともあり得るのです。このように、不眠症が仕事へと及ぼす影響はいずれもマイナスに働くものばかりで、仕事をする上でメリットとなるものはありません。一刻も早く適切な治療をするべきでしょう。

マインドガード
↑なかなか眠れないと悩んでいる方にオススメ!↑
→実際に買ってみたレビューはこちら

このページの先頭へ