不眠症と飲酒の関係

眠れないときに、お酒を飲んだことのある人も多いのではないでしょうか。実際に、アルコールは睡眠導入剤としてある程度の効果を発揮します。欧米ではナイトキャップと呼ばれるくらいで、一時的に眠りにつく為にはなかなか優秀であるとさえいえるかもしれません。

ですが、飲酒には睡眠に当たって様々なデメリットがあるのです。眠れないからといって安易にお酒に頼ることは、かえって深刻な不眠症を招くことに繋がります。今回は、不眠症と飲酒の関係について触れていきたいと思います。

睡眠の質の低下

アルコールは確かに入眠を助けます。それはアルコールが大脳の活動を休める為の神経を活性化させる為で、それによって一時的に強い眠気をもたらすからです。

しかし、アルコールによる睡眠は長くは続きません。入眠後時間の経過と共にアルコールは分解され、アセトアルデヒドという化合物に変わります。

このアセトアルデヒドには強い毒性があり、刺激物となって心身を刺激するのです。そのためアルコールによる睡眠は短時間で終わってしまうどころか、アセトアルデヒドの刺激によってかえって睡眠の質が悪化してしまうのです。

アルコール依存症

一時的にとはいえ眠りにつくことはできますから、重度の不眠症に悩まされている方の中には、多量の飲酒をもって睡眠導入剤としている場合もあるようです。しかし、これは非常に危険な行為です。アルコール依存症は、更に深刻な不眠症と健康被害を招きます。

以前にも少し触れましたが、人体には抵抗力があります。これは脳の働きを鈍らせるアルコールに対しても働き、人体は次第にアルコールに対する抵抗が増していきます。

抵抗が増せば、その分容易に眠りにつくことは出来なくなります。そうすれば、睡眠を飲酒に頼っている人は酒量を増やすしかありません。更に、そうして得られる睡眠も、決して質の高いものではないのです。

結果としてアルコール依存症を招き、それに伴う様々な疾患によって余計に不眠症が進行してしまいます。

このように、簡単に眠れるからといって安易にアルコールに頼ることは、不眠症をより悪化させかねないということを良く覚えておきましょう。

マインドガード
↑なかなか眠れないと悩んでいる方にオススメ!↑
→実際に買ってみたレビューはこちら

このページの先頭へ