不眠症とは?

近年、非常に増えてきている不眠症。このサイトでは不眠症とは何かといった基本的なことから、原因や対策方法、対策グッズなどを紹介しています。まず知り、そして対策をすることが大事です。

不眠症という言葉も、近年随分耳にするようになりました。布団に入ってからもなかなか眠れない。やっと眠っても頻繁に目を覚ましてしまう。朝目覚ましに起こされても全然眠り足りない。昼日中も眠くなってしまう―― そんな風に睡眠に悩まされている人がどれだけいるかご存知でしょうか。その数、なんと日本人男女の20%以上。およそ五人に一人以上が、不眠症として定義されているのです。

この不眠症がどうやって定義されているかといえば、単に睡眠時間の問題ではありません。睡眠時間が充分に取れているからといって、不眠症でないとは限らないのです。体力の回復を伴わない睡眠で、日常生活に支障をきたしていることが、不眠症として定義されることの条件なのです。不眠症は、症状ごとに分けると四つの種類があります。一つ一つ見ていくことにしましょう。

マインドガード
↑なかなか眠れないと悩んでいる方にオススメ!↑
→実際に買ってみたレビューはこちら

入眠障害

入眠障害は、布団に入っても中々寝付くことが出来ないというパターンの不眠症です。 この症状に悩まされている不眠症患者は最も多く、「早く眠らないと明日に差し障る」と考えてしまうことで、より深刻な不眠症になってしまうことが多いようです。

中途覚醒

眠りについたにもかかわらず、頻繁に目が覚めてしまう症状が中途覚醒です。 生活リズムの乱や、飲酒、ストレスが原因となることもあるようです。

熟眠障害

充分な時間眠りについているはずなのに、朝起きてみるとどうもすっきりしない。体が疲れたままの状態にある。そんな症状が熟眠障害に分類されます。 日中睡魔に襲われる事が多い人は、実はこの熟眠障害なのかもしれません。

早朝覚醒

朝早く目が覚めてしまい、その後眠ることが出来ない症状が、早朝覚醒に該当します。ご年配の方が年をとって早起きになった、というのは良く聞く話ですが、これは加齢と共に睡眠パターンが変化しただけで、早朝覚醒には該当しない場合が多いようです。

身体は疲れているのに早起きしてしまって、もう一度眠ることが出来ないといった場合は、早朝覚醒を疑ったほうがいいのかもしれません。

若年層にも多く見られる不眠症
近年、不眠症は若年層にも多く見られるようになってきました。若年層ならではの不眠の原因もあり、社会に出ていなくともストレスとは無縁ではいられません。

不眠症による日常生活への影響
不眠症によって食欲不振が引き起こされたり、倦怠感や疲労感で家の中を移動する気力すらなくなることもあります。今回は、日常生活への影響についてです。

もし不眠症になってしまったら
5人に1人が不眠症に悩まされている現代では、明日も同じように眠れるとは限りません。もし不眠症になってしまったら、どのような行動をすればいいのかに触れていきたいと思います。

妊婦の不眠症について
妊娠に伴う不眠の症状は、多くの妊婦さんの頭を悩ませています。妊娠初期、妊娠後期ともに異なる不眠症の症状が現れることもあります。

育児期の不眠症について
育児は楽しいことばかりではありません。特に初めての育児の場合、そのストレスからうつ病になってしまう人すらいます。今回は、育児期の不眠症についてです。

不眠症になりやすい人とそうでない人
同じような生活を送っていても、不眠症になりやすい人とそうではない人(なりにくい人)がいます。この違いがどこからきているのかについて考えてみましょう。

不眠症の原因

何故、五人に一人もの人が不眠症に悩まされているのでしょうか。今回は、その原因について、いくつかの例に触れていきたいと思います。

身体疾患

呼吸器の疾患や消化器の疾患によって、不眠症を併発している場合もあります。例えば十二指腸潰瘍を患っていれば、胸部の痛みにより早朝覚醒や中途覚醒を惹き起こしかねません。アトピー等の皮膚疾患は、痒みによる不眠の原因にもなります。

ストレス

過度のストレスが原因で、不眠症となってしまう場合もあります。ストレスは交感神経を活発にはたらかせ、副交感神経のはたらきを阻害します。交感神経は心身を緊張状態にする役目を、副交感神経は心身をリラックスさせる役目をもっています。

この副交感神経がうまくはたらかないことによって、不眠症の原因となってしまうようです。交感神経が活発にはたらいていると、心拍数も早くなりますし、血圧も上がります。これではとても快適な眠りにつくことはできません。

精神疾患

精神疾患が、結果として不眠症の原因となっている場合もあります。神経症や精神分裂病、うつ病などの精神疾患は、不眠をよくひきおこします。特にうつ病は不眠を併発することが多く、その関係性は非常に密接なものとなっています。その場合、専門医の診断・治療が必要になります。

アルコール

飲酒が不眠の原因となる場合もあります。アルコールは副交感神経のはたらきを活発にしますから、一時的には睡眠導入剤として効果的な場合もあります。しかしこれは、脳のはたらきをアルコールの力で強引に抑制していることになります。人体には抵抗力があり、このアルコールが脳のはたらきを抑制する力に関しても、抵抗を試みます。

結果としてアルコールに対する耐性が増していき、睡眠につくためにより多くの酒量が必要になっていくのです。これが原因となりアルコール依存症になり、アルコール依存症が原因の身体疾患により、さらに不眠症を進行させてしまう人も居るようです。眠りにつけないからといって過度の飲酒に頼るのは、非常に危険な行為といえます。

不眠症と生活スタイル
どのような生活スタイルをとっているかで、不眠症のリスクは激しく増減します。今回は、生活に欠かせない食事と仕事の二つを例に挙げて見ていきたいと思います。

不眠症になりやすい職業
仕事は多種多様、何を選ぶかは人の自由ですが、職種によってはリスクが増すものもあります。このような職業の方は特に不眠症対策を十分に行いましょう。

不眠症と現代社会が抱える問題
24時間社会となり、様々な点で確かに便利になりました。眠らない街という表現も、確かに字面は華やかです。ですが、眠らない人は居ません。

不眠症とストレスの関係
日常生活を送る上で、ストレスを感じる機会は数多くあります。そして、そういったストレスが強ければ強いほど、不眠症の原因となっていくのです。

不眠症と生活習慣病
高血圧や糖尿病、肥満、心臓病といった生活習慣病も、不眠症と深い関わりがあります。体内時間のずれが原因となります。

不眠症と末端冷え性
人間は眠りにつくと体温が下がります。しかし、いわゆる「冷え性」の方は、このメカニズムに不良をきたすことで不眠症となってしまう場合もあるのです。

不眠症と娯楽性の高いメディアについて
テレビ、インターネット、ゲームなど、娯楽性の高いメディアは非常に身近なものとなっています。しかし、娯楽性の高いメディアは、睡眠に逆効果となることもあります。

不眠症とうつ病
不眠症はうつ病を引き起こし、うつ病は不眠症を引き起こします。この二つの疾患はとても深い相関をもっていて、切り離して考えることは出来ないといっても過言ではありません。

不眠症と更年期障害
更年期障害は、妊娠、出産とあわせて女性の不眠症の原因となっています。ホルモンバランスの変調によって引き起こされる更年期障害は、睡眠に良い影響を与えず、しっかりとした対策が必要です。

不眠症と血流の関係
不眠症と血流には重要な関係性があり、体内の血流がスムーズになることによって不眠症が改善する場合も多く、逆に血流が悪くなることによって不眠症を引き起こす場合もあります。肩こりは原因の一つとなります。

ありがちな不眠症への誤解

五人に一人の頭を悩ませている不眠症。しかし、逆に言えば残る四人にとっては縁の無いものです。当然不眠症というものに対する理解も浅く、不眠症に対して誤った知識を持っている方も少なくありません。

また、不眠症にかかってしまったにも関わらず、自分の持ついい加減な知識で治療を始めてしまう人もいるようです。ありがちな誤解について触れていきたいと思います。

限界まで眠くなれば眠れるのでは?

不眠症についてよく知らない人は、往々にしてこう考えてしまうものです。確かに睡眠不足が長引き、限界を迎えれば人は眠りにつくものです。死ぬまで眠れないということはありません。ですが、不眠症の問題は睡眠時間がとれないことにあるのではありません。質の高い睡眠がとれず、疲労が回復できないのが不眠症なのです。

眠気が限界を迎え、眠りにつくことが出来たとしても、それはやはり不眠症患者にとって心身の疲労を回復できる睡眠にはならないのです。何らかの方法で不眠症となっている原因を取り除かねば、穏やかな眠りは訪れません。「眠くなるまで頑張れ」などという精神論は、不眠症患者にとって治療薬とはなりえません。

睡眠薬を飲めば治るのではないか?

不眠症を改善する為に睡眠薬を服用するのは、非常に分かりやすい選択肢ですが、様々な問題もあります。一口に睡眠薬といっても、ベンゾジアゼピン系やバルビツール系、市販のものでは抗ヒスタミン剤等、その種類は多様です。

また、不眠症も症状ごとに異なった治療法が必要となることもあり、全ての不眠症の特効薬となる薬剤は存在しません。素人知識で睡眠薬に手を出すことは、不眠症に効果が無いばかりか、副作用によって不眠以外の健康被害にも見舞われかねません。

このように、不眠症は強引な手法や睡眠薬等で簡単に治療できるものではありません。不眠症に悩まされている人に根拠の無い根性論を展開したり、不眠症にかかったからといって安易に睡眠薬に頼ってしまうことは、かえってその症状を悪化させかねません。不眠症と向かい合うには、相応の知識と理解が必要です。

なぜ不眠症だといけないのか?

不眠症は五人に一人という非常に高い割合で人々を悩ませ、苦しめています。誰もが穏やかな睡眠を望むものです。なぜ不眠症がそこまで忌避されるのか、なぜ不眠症対策が必要なのかに触れていきたいと思います。

睡眠時間と寿命

人生の約三分の一は睡眠によって構成されていて、睡眠時間の長短は健康どころか、寿命にすら影響します。7~8時間の最適な時間で満足いく睡眠を取っている人は、そうでない人に比べて二割ほど長生きするとのこと。睡眠時間は、短すぎても長すぎてもマイナスに働き、如何に質の高い睡眠を取るかが重要のようです。

健康で長生きするというのは、万人が望むことです。それだけでも、睡眠サイクルを著しく乱す不眠症が、如何に忌避されるかが知れようというものです。

不眠症が周囲に与える影響

不眠症はかかっている本人だけでなく、身近な人にも悪い影響を与えることがあります。眠っている途中に起こされていい気分になる人はいません。生活サイクルの乱れはストレスに繋がりますから、睡眠不足が原因で苛立ちを覚えることもあるのです。

不眠症の方はそれが慢性的に続いているわけですから、なかなか穏やかな気分ではいられません。結果、自分を心配してくれる人に対して思ってもみない言葉を投げかけたりしてしまうこともあるようです。

また、不眠症はうつ病にも繋がります。うつ病は、看病してくれる人の精神も影響することがあります。カウンセリングというものは専門家でなければなかなか難しいものです。うつ病の方を励まそうとした言葉や行動が、かえってその人を追い詰めてしまう結果にも繋がりかねません。結果として、「自分のせいで症状が悪化してしまった……」と、気分が落ち込んでしまい、深みに嵌ることで、その人が新たなうつ病患者となることも考えられます。

不眠症のひきおこす自律神経の失調や精神疾患は、意思の力で感情を制御しにくくしてしまいます。望まない八つ当たりで身近な人を不幸せにしない為にも、適切な治療をするようにしましょう。健康で幸せな人生を長く続ける為にも、不眠症は早急に対策しなければいけませんし、完治させたい病であるといえるでしょう。

不眠症と精神疾患
不眠症は様々な精神疾患をひきおこし、また精神疾患は不眠症をひきおこします。両者は非常に密接な関係にあり、どちらか一方にのみ該当する患者は少ないといえるかもしれません。

不眠症と夫婦関係
不眠症と夫婦関係は大きな関わりがあります。夫婦間の仲たがいに繋がることもありますし、結婚生活によって新たに生み出される様々なストレスが不眠症をひきおこすこともあります。

不眠症が肉体へ及ぼす影響
不眠症は、人体に様々な影響を及ぼします。それらは健康に害となるものがほとんどです。今回は肉体へ及ぼす影響について見ていきたいと思います。

不眠症が仕事へ及ぼす影響
不眠症は日常生活に様々なデメリットをもたらし、それは仕事をする上でもかわりません。睡眠不足や精神疾患、投薬による副作用など仕事にも悪影響を及ぼします。

「食事・食べ物」での不眠症対策

自然界には質の高い睡眠の助けとなる食物が数多く存在します。それらを日常的に摂取するのも、立派な不眠症対策といえるでしょう。例えば、新鮮なレタスはラクチュコピクリンというポリフェノールの一種を含んでいて、これには催眠作用と沈静作用があります。

牛乳にも催眠作用があります。リラックスに必要なホルモンであるセロトニンの生成には、トリプトファンという必須アミノ酸が必要です。牛乳はこのトリプトファンを多く含んでいますから、睡眠前に飲用するのは効果的でしょう。

またトリプトファンはブドウ糖を加えることで、より効果的に人体に影響するようになります。蜂蜜などはブドウ糖を多く含んでいますので、ホットミルクにハチミツを垂らし飲むのはより効果的であるといえるでしょう。逆に、興奮剤であるカフェインを含むコーヒーやお茶等は、飲用を避けたほうが賢明でしょう。

しかし、眠る直前の食事は消化器に多大な負担をかけるばかりでなく、肥満の原因にもなります。胃潰瘍、十二指腸潰瘍、肥満、いずれも不眠症の原因となるものです。眠る直前の食事は避けましょう。

不眠症になりやすい食事
日々の食生活は、質の高い睡眠を得られるかどうかに深く関わっています。今回は、不眠症になりやすい食事について触れていきたいと思います。

不眠症と飲酒の関係
眠れないときに、お酒を飲んだことのある人も多いのではないでしょうか。ですが、飲酒には睡眠に当たって様々なデメリットがあるのです。眠れないからといって安易にお酒に頼ることは、かえって深刻な不眠症を招くことに繋がります。

不眠症と肥満の関係
心身の健康を損なうばかりでなく、肥満の原因にもなります。7~9時間眠る人に対して、4時間以下しか眠らない人は七割以上も肥満になりやすいとのことです。

春夏秋冬の不眠症対策に良い食事
食事には季節ごとに適した種類、方法があります。今回は、各季節に沿った不眠症改善のためのおすすめの食材・食事を紹介していきたいと思います。

不眠症を改善するには?

心身に様々な悪影響を及ぼし、その健康を損なう原因となる不眠症。そんな不眠症を改善するにはどうしたらいいのでしょうか?不眠症を改善する為の具体的な対策方法に、いくつか触れていきたいと思います。

刺激物を遠ざける

まずカフェイン等の刺激物の摂取を控えることが挙げられます。カフェインは交感神経を刺激することによって穏やかな睡眠を妨げますから、コーヒーやお茶などを、特に睡眠前に飲用することは、不眠症を悪化させるといえるでしょう。

更に、格闘技等の試合観戦も、人を興奮状態にさせるようです。こういったものも刺激物と呼んで差し支えないでしょう。不眠症を本当に改善したいのなら、刺激物の摂取は控えるべきです。

適度な運動

日中に適度な運動があった日には、吸い込まれるようにあっという間に眠りについてしまうものです。これは身体を疲れさせた結果、脳が休息を求め、速やかな睡眠をもたらす為です。ウォーキングなどの適度な有酸素運動は、不眠症の改善に効果的といえるでしょう。

ですが、眠る直前に過度の運動をすることは、神経を高ぶらせることにも繋がります。特に無酸素運動は交感神経を刺激し、逆効果になりがちです。就寝前の運動は、ストレッチなどの、息が上がらない軽い体操に留めておきましょう。

日光に当たる

生活リズムの乱れも不眠症の原因となります。太陽の光によって目覚めることは、昼型のきちんとした生活リズムを形成するに当たって非常に重要なことなのです。

専門医の治療を受ける

専門医の治療を受け、適切な対処をしてもらうのも非常に有効なことです。不眠症の発症には様々な原因が考えられ、素人ではそれを特定できないことも多いようです。間違った対処方法を続けていれば当然不眠症は改善されませんので、まずは専門医に見てもらって、症状を分析してもらうのが良いかもしれません。

専門医の投薬やカウンセリングは効果的なことが多く、不眠症に対する専門医ならではの対処法も知っているものです。不眠症は立派な病気ですから、医者にかかるのは当然の行為といえます。

寝具に気をつかう

不眠症対策をされている方はもうすでに対策されているとは思いますが、寝具というのは意外に重要なものです。あまり変な枕や布団を使っていると、肩こりや腰痛の原因になるなどするのです。

その状態は「身体に負担がかかっている状態」ですので、たとえ普通の人であっても眠れない、寝付きが悪いなどといった状態になります。不眠症の方はそういったことにも気を使わなければなりません。

六角脳枕(ろっかくのうまくら)レビュー
私が実際に使っている不眠症対策グッズは安眠枕です。詳細をレビューしています。参考にどうぞ。

季節ごとの対策方法
不眠は季節を選んでくれませんが、季節ごとの対策はあるものです。今回は、季節ごとの対策方法に触れていきたいと思います。

不眠症と運動について
運動をすることは、不眠症の対策、予防、解消に素晴らしい効果を発揮します。しかし、むやみやたらに身体を動かせばいいというわけではありません。

不眠症と音楽
私たちが日常的に聴いている音楽も、睡眠と深い関係をもっています。効果的となる場合もあれば、逆効果となる場合もあります。

不眠症を改善する薬ってあるの?
投薬によって治療できる場合もあります。今回は、不眠症の症状を改善する薬にどんなものがあるのかについて見ていきましょう。

おすすめの不眠症対策グッズ
おすすめの不眠症対策グッズの紹介です。人気の安眠枕やネットで話題の商品を紹介しています。

このページの先頭へ